前へ
次へ

教育問題として体罰は無くすことができるか

親が子供のしつけとして厳しく叱ったり時には手をあげるなどは昔であれば珍しいことではありませんでした。

more

教育問題として体罰は一時的な解決である認識

学校においては大人である先生と子供である児童や生徒がコミュニケーションを取ります。
大人である

more

教育問題に関しては皆で話し合うようにする

何時の時代も教育問題はとても重要な案件で解決するのが難しいので頭を悩ませている人が沢山いますが、この

more

思考力を高められない教育問題の解決には

日本の子供の教育に対しては、受動的ではないかという意見が多く見られるようになって着ました。
実際に学校の授業であっても、社会人になってから仕事の先輩に指導を受けるにしても、それぞれ確実に先輩達や教師達の言いなりになっていることで、社会が回っていることがわかります。
自分で考えて行動できる人間にならなければ、現代の国際社会は渡れないという厳しい意見も少なくありません。
自分で考えて行動することができないという教育問題にどのように立ち向かったらいいのでしょうか。
比較的日本の教育制度は、「協調と思いやり」つまり、集団生活で過ごすために周囲の空気を読んで周りを見ながら行動することを優先的に教えています。
みんな平均点で集団でいいというイメージを抱く人が少なくありませんが、実はこれでは周囲の顔色をうかがうだけで、自立心や自分で考える力は育ちにくいといわれています。
何か問題が発生したときに、自分で考えて行動し、問題を解決できる人間になっていなければなりません。
そのため、成長を遂げるために必要な教育を受けてこなかった大人たちが、現代の日本には圧倒的に多いといえるでしょう。

https://www.cpcc.co.jp
どういった試験をすればよいのかが分からない場合もCPCCでは目的などをお伺いし、最適な試験内容をご提案いたします。

https://www.cpcc.co.jp/functionality/
試験実施に関する企画から報告書の作成・論文の投稿までCPCC株式会社では一貫して実施できます。

今後、国際社会の一員として行動するためには、日本人同士で顔色を伺っていては成長できないといわれています。
答えのない問題に率先的に立ち向かい、自分自身の答えで問題を解決することが、一番望ましい行動となるでしょう。
海外の入試などでは答えのない問題に、自分自身の意見を論理的に伝えることが必要となります。
現代日本ではディベートのような授業をしている学校もありますが、全ての学校ではありません。
そのため、自分の意見を育て、成長することが難しい場面も少なくないといいます。
日本は識字率、学習率は高いのですが、自分の意見を育てる教育をしてこなかったため、自分の意見を主張することや、答えのない問題に立ち向かうことができる人間が少ないといいます。
この教育問題を解決する方法としては、今後の授業のあり方などを考える余地があるでしょう。
思考力を身につけられるような教育制度を北欧では取っているため、教育関連の人材を派遣し、見学して日本に取り入れるかどうか判断することは必要です。

Page Top